墨田区・江東区・中央区のフラワーサロン、
Atelier LouLou(アトリエ ルル)のOfficial Blogページへようこそ。
Atelier LouLouは都営新宿線菊川駅徒歩5分の場所にあるフラワーサロンです。
現在オープンに向け準備中です。
プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーのレッスンを先行して開講する
予定です。
お子様連れでもご利用いただけますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


DSC_1005

こんにちは。Atelier LouLou~アトリエルル~のRiceです。アトリエルルは墨田区、江東区、中央区エリアのフラワーサロンです。
ただ今オープンに向け準備中です。
今回は、白いバラとバイカウツギのブーケのご紹介です。
バイカウツギは初夏に咲くアジサイ科の花木で、梅の花に花の形が似ていることから、その名前が付けられたそうです。白く小さな丸いつぼみがとても可愛らしく印象的です。ギザギザとした葉の植物は姫ミズキです。新緑の美しい季節にぴったりの、グリーンたっぷりのブーケに仕上げてみました。

アトリエルルのそのほかの作品については、
こちらをご覧ください。


【募集】リボンバスケット 夏のクラフトレッスンのご案内です♡

o0688046613666689145[1]本日は、夏のスペシャルクラフトレッスン
『リボンバスケット』
のご案内です♪

Atelier Ecru と Atelier Lou Lou

のコラボイベント
として、mariko先生と一緒にデザインした
オリジナルのカゴバック。
今年トレンドのカチッとした造りの
バスケットに
リボンをデコレーション♪

リボンは上質なリボンとして名高い
木馬のグログランリボンを使用。
リボンの成形の仕方、バスケットに取り付ける方法
をレクチャーします。

内袋は、高級感のある風呂敷包み型の袋を
ご用意。
今回の企画のために
制作したオリジナルになります。
スタンダードなアイボリー無地の他、
お洒落な輸入生地も
ご用意しています。
※内袋は制作済みです

ちょっとしたお出掛けにはもちろん
ジーンズなどのラフな格好に合わせても素敵♡♡♡

リボンを取り付ける場所は
お好みに合わせてカスタマイズして
いただけます♪

限定15個 となっておりますので
どうぞお早目にお申込み下さい♪

①アイボリーコットン

o0465070013665078774[1]

②チェック

o0465070013665078773[1]

③パターン グレー

 

o0465070013665079457[1]

 

④パターン モーブ

o0465070013665078775[1]

 

o0800050313666699991[1]

【受講料】

①アイボリーコットン
8,700円 (税込、材料費込)

②、③、④輸入生地
9,200円 (税込、材料費込)

【仕様】

サイズ: 巾約24.5×奥行き約21
高さ約15(持ち手含み27)cm
素材: 柳
※商品の性質上、多少のゆがみや
色合いの違い、サイズの違い、一部ささくれ立っている
小さな割れなどがございます。
あらかじめご了承ください。

【レッスン日程】

6月17日(金) ①10:00~ 満席 ②13:00~
6月20日(月) ①10:00~ ②13:00~
6月24(金) 10:00~
6月29日(水) 10:00~
7月1日(金) ①10:00~ ②13:00~
7月5日(火) ①10:00~ ②13:00~
7月11日(月) ①10:00~ ②13:00~
7月14日(木) 10:00~ 満席
7月16日(土) ①10:30~ ②14:00~
7月20日(水) ①10:00~ ②13:00~

【お申込み方法】

〇お名前 〇ご住所 〇お電話番号
〇レッスン日程 〇ご希望の内袋

をご記入の上、
アトリエ・エクリュHP内『お申込みフォーム』
から
もしくは、公式LINE
(アカウントID:@qbb2728n )から
お申込み下さい。

【オーダー販売】

レッスンの他、既製品のご注文も受け付けて
おります。
上記お値段に、別途送料を頂戴致します。
制作に1週間程頂戴致しますので
ご了承ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております好


スズランと大人ピンクの投げ入れアレンジ

 

DSC_0549

こんにちは。Atelier LouLouのRiceです。アトリエルルは墨田区、江東区、中央区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け準備中です。

さて、今日ご紹介するのは甘すぎない大人ピンクのお花を使い、フラワーベースに投げ入れたアレンジです。

バラのイブピアッチェやスカビオサ、ブレアンサスに加えて、トリフォリュームやベルテッセンなどの小花を入れて爽やかな春風が吹きこむような、軽やかさを表現してみました。

フラワーベースへお花を投げ込んでいくアレンジはご家庭でお花を飾るときに一番取り入れやすい方法の一つだと思います。フラワーベースも最近は素敵なものがたくさんお店に出ていますが、どんな形や素材のものを購入したらよいか、迷われる方も多いのではないでしょうか。

1つは持っていると便利なフラワーベースとしてお薦めするのは、写真のような透明なガラス素材のフラワーベースです。透明なガラスのベースはお花の茎やお水も美しく見せてくれますし、お水の変え時や茎の管理なども意識しやすくなります。形としては、初心者の方にはある程度深さがあり、あまり口が広がりすぎていないものがお薦めです。

フラワーベースに生けたお花を長持ちさせるには、できれば毎日お水を変えてあげるとよいと思います。その際フラワーベースの内側やお花の茎にヌルヌルとしたぬめりがあったら洗い流します。また茎の状態を見ながら、茎の先端を1~2センチ切ってあげるとよいでしょう。

ほんの少しのお手入れで格段にお花の持ちが違ってきますので、ぜひお試しください。お花を長く楽しむためのちょっとした工夫を、これからも少しずつご紹介いきたいと思います^^。

アトリエルルのオフィシャルホームページはこちらです。

 


愛らしい野の花のコンポジション

DSC_0691

こんにちは。アトリエルルのRiceです。アトリエルルは墨田区、江東区、中央区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け準備中です。

さて、今回は春の野の花をたっぷり使ったコンポジションのご紹介です。春の愛らしいお花ばかり使ってみました。手前で枝を垂らしているのが、関東ではそろそろ花期を過ぎたころのコデマリです。信州のコデマリは今が旬です。ふんわりとしたお花がポンポンと咲く様子には、いつ見ても心が和みます^^

奥の方で白い房状のお花をのぞかせているのはウツギです。細い枝にたっぷりとお花をつけるので、少し重そうなくらいです。

黄色いお花はオステオスペルマムで、「レモネード」という名前がついた品種です。名前にぴったりの爽やかな色合いですよね。キク科の多年草で、夜間や天気の悪い日は花を閉じる性質があるそうです。

そのほか、パンジーやビオラ、ブルーサルビア、わすれな草など、たくさんの小花を使いました。

アトリエルルのホームページはこちらをご覧ください。

 


春の小花たっぷりのブーケ

bouquetpink

こんにちは。Atelier LouLouのRiceです。アトリエルルは墨田区、中央区、江東区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け、準備中です。

今回は春らしいお花をたっぷり使ったブーケのご紹介です。ナデシコやトリフォリューム、スカビオサ、アカツメクサなどの春らしい小花をたっぷり使って、甘すぎないピンクカラーのブーケを作ってみました。

DSC_0198

子どもの頃、いつも通学路に咲く野の花を摘んで、小さな花束を作りながら学校に通っていました。今も野原に咲いているような小さな草花をみると心が躍るのはそのせいでしょうか。

どこか懐しく、可憐な小花を取り入れたアレンジをこれからもご紹介していきたいと思っております^^。

アトリエルルのその他の作品はオフィシャルホームページをご覧ください。

 


春めく♡フリージア

 

DSC_0336

こんにちは。Atelier LouLou~アトリエルル~のRiceです。アトリエルルは墨田区、中央区、江東区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け準備中です。

今回はこの時期明るい黄色が元気を与えてくれる季節のお花、フリージアの写真です。繊細でしなやかな茎が伸び、その先には可憐で上品なお花を付けます。日本では別名として菖蒲と水仙の花に似ていることから「菖蒲水仙(アヤメスイセン、ショウブスイセン)」、花の色から「浅黄水仙(アサギスイセン)」、甘い香りから「香雪蘭(コウセツラン)」などと呼ばれています。

フリージアの花言葉は、色によって異なり、黄色いフリージアの花言葉は「無邪気」だそうです。たしかに眺めていると小さな笑い声が聞こえてきそうな、可愛らしいお花です。


アトリエルル 春の訪れを知らせる水仙

DSC_0299

こんにちは。Atelier loulou~アトリエルル~のRiceです。アトリエルルは墨田区、中央区、江東区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け準備中です。

春らしいお花が、あちこちで彩りを見せてくれるようになってきましたね。

そのようなお花の中でも、真っ先に春の訪れを知らせてくれるお花として思いつくのが、「水仙」です。写真の水仙は「ペーパーホワイト」という種類です。水仙には1本の茎に1つの花をつけるタイプと、房咲きになるタイプがなどがありますが、ペーパーホワイトは房咲きで、一本の茎に可愛らしい白いお花がいくつも咲きます。

水仙は多年草なので、一度花が咲いた後も球根に栄養を蓄えて、翌年も花を咲かせることができます。花が終わった後に、葉っぱから光合成をおこないその栄養を球根に貯蔵するので、葉っぱが枯れるまで切ってしまわないことが翌年の開花するためのポイントだそうです。

けして目立つお花ではありませんが、まだ寒さが残る春の初めに咲く凛とした姿はとても魅力的です。

アトリエルルのその他の作品については、こちらをご覧ください。


パンジーとビオラの蔓リースを使ったアレンジ

DSC_0815

こんにちは。Atelier LouLou~アトリエルル~のRiceです。アトリエルルは墨田区、中央区、江東区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け準備中です。プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーのレッスンを先行して開講する予定です。

さて、今回はパンジーとビオラのアレンジメントのご紹介です。ナチュラルな蔓リースを少しラフにほどいて春の小花で彩りました。

こちらのアレンジは、スペシャルレッスンの初回からずっと参加し続けてくださったS様にお贈りいただいた花材や小物を使用して作らせていただきました。この春関西にお引越しされたのですが、プリザーブドフラワーの大地農園さんの本社がお住まいの近くということで、花材をお譲りいただきました。

S様、素敵な花材をお譲りいただき、ありがとうございました。これからの作品などにも、大切に使わせていただきたいと思います^^

アトリエルルの作品についてはこちらをご覧下さい。


趣のあるクリスマスローズ「ネオン」

DSC_0670

こんにちは。Atelier LouLou~アトリエルル~のRiceです。アトリエルルは墨田区、中央区、江東区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け準備中です、プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーのレッスンを先行して開講する予定です。

今回は最近購入したクリスマスローズの写真のご紹介です。こちらは「ネオン」という名前のクリスマスローズです。たしかに、静かな夜の街に優しく灯るネオンの趣がありますね。

クリスマスローズは別名、ヘレボラスといいます。毎年花を咲かせる多年草です。「クリスマスローズ」の名前は本来ヘレボラスの中でも「ニゲル」という一つの種につけられた名前なのですが、日本ではヘレボラス全体のことをクリスマスローズと呼んでいます。

Helleborus(ヘレボラス)は、ギリシャ語の「地獄」に由来するそうです。荒れた土地に自生することや、茎葉、根などにに有毒成分のサポニンを有するところにちなむとされています。

DSC_0679

確かに他のお花にはない、ミステリアスな雰囲気を放つクリスマスローズですが、花が咲いている空間だけ、特別にゆっくりとした時間がながれるような、何とも言えない穏やかさも感じる不思議なお花です。

アトリエルルのそのほかの作品はアトリエルルオフィシャルホームページをご覧ください。


鮮やかなオレンジ色のラナンキュラスとポンポン可愛らしいこでまり

DSC_0795

こんにちは。Atelier LouLou~アトリエルル~のRiceです。アトリエルルは墨田区、中央区、江東区エリアのフラワーサロンです。ただ今オープンに向け、準備中です。

今日のお花は、心がパッと明るくなるような色合いのラナンキュラスとこでまりです。こでまりは本来4月から5月が開花時期のお花です。暖かな優しい日差しになってきた頃、こでまりやモッコウバラがあちこちのお庭に溢れ出す季節を毎年とても楽しみにしています。

アトリエルルのそのほかの作品についてはオフィシャルホームページをご覧下さい。


1 2 3 4 5